レーザー加工の機械の存在感が増してきているらしい

板金機械の中で最近特にレーザー加工の機械が存在感を増してきているらしいです。

加工の高精度化や高品質化に伴い、切断や穴あけ、
溶接まで幅広い用途に対応できるレーザー加工の需要が高まっているのでしょう。

さらに、レーザー加工には金型が必要ないので、多品種で少量生産にも向いています。
成長余地の大きいレーザー加工機市場には日本を始め、世界各国が注目していると言えるでしょう。

http://www.kotani.tv/

各社の競争もヒートアップすることが予想されます。